• ホーム
  • 予期せぬ妊娠回避にモーニングアフターピルは常備しておこう

予期せぬ妊娠回避にモーニングアフターピルは常備しておこう

2020年05月09日

避妊に失敗してしまったときや避妊具を使用せずに性行為を行ってしまった場合、妊娠することを望まないのであれば、モーニングアフターピルを服用しなければなりません。生理周期などから妊娠しやすい時期であるかどうかを知ることができますが、たとえ妊娠する可能性が低い時期であっても絶対にないとは言い切れませんので、対策をとる必要があります。モーニングアフターピルを服用することによって避妊成功率を上げることができるので、予期しない妊娠を避けるためにも常備しておくことがおすすめです。

あらかじめモーニングアフターピルを購入して万が一の事態に備えている人は少ないですが、事前に用意しておかなければ避妊に失敗したときに焦ってしまったり不安な気持ちになってしまったりするでしょう。避妊成功率を高めるためには、避妊に失敗してからなるべく早く服用する必要があるので、病院で処方してもらうまでに時間がかかってしまうと避妊できないこともあるのです。一般的には72時間以内に服用しなければならないと言われていますが、遅くなるほど避妊成功率が低くなってしまいます。確実に成功させたいと考えるのであれば、いざというときのために事前にモーニングアフターピルを常備しておき、避妊することができなかったときに、すぐに服用することができるようにしておくと良いです。

なかには、3日以内に病院に行けば良いのだから常備までする必要はないと思う人もいるかもしれませんが、婦人科が休業日で服用がギリギリになってしまう可能性もあるので、危険だと言えます。72時間以内に服用すれば良いとは言われていますが、なるべく早く服用することができれば、それだけ避妊成功率をアップすることができますし、ピルを処方してもらうことができないかもしれないなどと悩んでしまうこともなくなるのです。最近では処方箋がなくても通販でピルを購入することができるので、モーニングアフターピルを飲まなければならない事態になったときのことを想定して常備しておくと良いでしょう。

ただし、このアフターピルを購入するときには効果だけではなく、正しい飲み方や副作用について知っておくことが大切だと言えます。飲み方を間違ってしまうと避妊効果が得られなかったり、突然の副作用に戸惑ってしまったりする可能性がありますので、これらについて理解を深めておくようにしなければなりません。今までにモーニングアフターピルを病院で処方してもらったことがある場合は、医師から説明を受けているので飲み方や副作用について把握しているはずですが、これまで処方してもらったことがなければ使用方法などがわかっていない可能性が高いです。頭痛や吐き気、不正出血などの副作用が起こるケースもあるので、突然の事態に困惑することがないように、事前にモーニングアフターピルについて学んでおくことが重要だと言えます。

予期せぬ妊娠を回避するためには、モーニングアフターピルを常備しておくことが重要なので、これまで用意していなかった人は置き薬を購入しておくと良いでしょう。生理周期などから妊娠のしにくさを把握して性行為を行っている人もいるかもしれませんが、妊娠しづらいときであっても確実に妊娠しないというわけではありません。避妊に失敗してしまったとき、予期せぬ妊娠を避けたいのであれば必ずモーニングアフターピルを服用しなければなりませんので、突然の事態でも対処することができるように常備しておくと良いです。早く服用することができれば、それだけ避妊成功率をアップすることができますので、避妊に失敗してしまったときはいつでも服用できる準備をしておくことが大切だと言えます。