• ホーム
  • トリキュラー通販の疑問!通販と病院処方の比較調査をしてみた

トリキュラー通販の疑問!通販と病院処方の比較調査をしてみた

2020年02月06日
薬のケース

低用量ピルのトリキュラーを服用している人のなかには、これから病院処方を続けるか通販サイトを利用した購入方法に切り替えるか迷っている人もいるかもしれません。個人輸入を行ったほうが安くピルを購入することができますし、何度も医療機関を訪れる必要がなくなるので購入方法を切り替えたいと考える人は多いのですが、これまで個人輸入代行サービスを利用したことがなければ、どちらの方法が良いか迷ってしまうものです。病院処方を続けるか個人輸入代行サービスを利用するかどうかで迷っているのであれば、それぞれの違いから自分に適している方法を選択すると良いでしょう。

トリキュラーを病院で処方してもらう場合は、一般的に1シート当たり3,000円ほどで購入することができますが、避妊目的であるときは保険適用外となってしまうので注意が必要です。月経前症候群の治療など症状があらわれていて、それを治療するためであれば保険が適用されることもありますが、特に症状があらわれない避妊や生理周期のコントロールを目的としている場合は保険が適用されません。全額自己負担となってしまうわけですが、健康保険が適用されない場合の薬代は医療機関が自由に決定することができるので、病院によって設定されている価格は異なります。トリキュラーの場合は2,500円から4,000円で購入できるケースがほとんどだと言えますが、選んだ医療機関によってはこの範囲内でない場合もあるのです。

通販で購入する場合は1,000円未満で購入することができるケースが多く、まとめ買いをすることで1シート当たりの値段はもっと安くなります。病院処方と比較すると3分の1から5分の1ほどの価格で購入できることが多く、まとめ買いをすることでお得に購入することができるので、1回にたくさん購入してしまう人は少なくありません。けれども、トリキュラーには使用期限がありますので、使用期限のうちに服用することができるか計算して購入する数を決定することが大切だと言えます。

病院処方と通販を比較すると、診察が必要であるかどうかの違いもありますが、病院であれば初回は必ず診察しなければなりませんし、2回目以降も診察を受けなければならないことが多いのですが、通販利用では処方箋を必要としないので診察が必要ありません。ただし、初めてトリキュラーを利用するときに医療機関で診察を受けなければ、服用方法や副作用について医師から指導を受けることができませんので、1回目はできるだけ医療機関を受診することをおすすめします。2回目以降で服用方法や副作用についての理解があり、もしも副作用が出たときなどに利用できる病院が決まっているのであれば通販を利用しても安心だと言えるでしょう。

トリキュラーの購入は通販であれば手間がかからず安いという特徴があるのですが、使用期限や服用方法、副作用などについて理解していなければトラブルになる可能性があるという問題があります。病院処方の場合は、医師から直接指導を受けることができるので安心感がありますが、継続してトリキュラーを利用するのであれば薬代や診察代が高くついてしまうという問題があるのです。どちらにもメリットやデメリットはありますが、初回は病院で診察を受けてから処方してもらい、2回目以降は通販を利用することで安全に安くトリキュラーを購入することができるでしょう。どちらの方法を選択して購入すれば良いのか迷ってしまう人は少なくありませんが、それぞれの良い点と悪い点を理解すれば自分に適した方法でトリキュラーを手に入れることができるはずです。1回も診察を受けずに購入すると服用方法などを間違ってしまう可能性があるので、通販を利用するとしても初回は病院に行くことがおすすめだと言えます。